ミニマリストという生き方 - ミニマリストという生き方
モダンライフスタイル

ミニマリストという生き方

今、ミニマリストという生き方が注目を集めています。ミニマリストとは、ミニマル=できる限り最小の、という意味からも分かる通り、必要最低限の物だけで生活する人たちのことです。一時期「断捨離」という言葉が流行りましたが、これを突き詰めたものがミニマリスト的生活といえるのかもしれません。 そのメリット では彼らミニマリストたちは、どのようなメリットを生活に見出しているのでしょうか?まず当然ですが、物が少なることで物を買うための出費が減ります。それに伴って、購入しにお店に出向く時間も労力も節約できます。これだけでも十分なメリットではありますが、このような物理的なメリット以外にも重要なことがあります。それは「外的な要因に生活が左右されなくなる」ということです。広告やらテレビやらを気にせず、自身のペースで生活を楽しむことができるようになるのが、ミニマリスト的生活なのです。

田舎暮らし - 田舎暮らし
モダンライフスタイル

田舎暮らし

今、田舎暮らしというライフスタイルを志向する若者が増えています。これは都会という喧騒の中で自分自身を見つめ直した若者が、自身の本当の価値観に気づいた故のことだと思われます。本当に会社員として毎日通勤電車に揺られたいのか?ストレスに晒されながら生きることが、本当に自身が望んでいることなのか?そのような疑問への1つの答えが、田舎暮らしという選択なのだと思われます。 田舎暮らしを後押しする制度 また制度面からも田舎暮らしを後押しするものがあります。それは国の「地方創生起業支援・移住支援事業」の一環としておこなわれているもので、地方で起業をしたり、移住して就業した人に対して、支援金が交付されるというものです。また、自治体各々でも、誘致のための様々な支援をおこなっていて、中には住居を無償で提供するというものまであるのです。